健康のためにやるべきこと

健康的に冬を過ごそうとするときには薄着がいいと言われます。体の自然な体温調節機能が働くからです。

健康のためにやるべきこと

健康的な冬の過ごし方として薄着か厚着か

健康のためにやるべきこと
朝の通勤時に子供が通学する様子を見ることがあります。夏場は半袖半ズボン、スカートなどです。暑いのでちょうどいいのでしょう。秋も同じような格好です。半袖でも何とか過ごせそうです。冬も負けずに半袖半ズボンなどです。さすがに半袖の子は減りますが半ズボンやスカートの子は多いです。自分自身の子供の頃を思い出すとやはり同じようだったのを思い出します。寒くても半ズボンを履いていたような気がします。薄着でも大丈夫だったのでしょう。

健康のことを考えるとき、薄着がいいのか、厚着がいいのかがあります。一般的な体力の人については極力薄着を心がけたほうがいいと言われます。無理な厚着をしないことです。厚着をすると体温調整を服が行ってくれます。つまりは体のほうが発熱や発汗などをして調整する機能を減退させるのです。そうすることで体の順応力、抵抗力を低下させると言われます。薄着をしていれば寒ければ発熱、暑ければ発汗など体の自然な働きを利用できます。

あくまでも一般的な人であって、病気がちな人、高齢者、乳幼児などになると別になるでしょう。体温調整を上手くできなかったり鈍っている場合、適切な調節ができないと困ります。それなりに厚着をして寒くないようにしないといけません。