健康のためにやるべきこと

健康のことを考えるなら自宅内の温度差を気をつけるようにします。浴室やトイレなどは寒くならないようにします。

健康のためにやるべきこと

健康のために自宅内で温度差を作らない

健康のためにやるべきこと
冬に家族が集まるところといえばリビングだと思います。エアコンやファンヒーター、床暖房などで暖かくしていることもあると思います。上手く使って電気代も抑えたいところです。暖房に関しては基本的には人が日常的にいるところのみになるでしょう。つまりはリビングのみになります。寝室などは布団に入ってしまえば暖かいですから特に暖房をしていない場合があります。浴室もお湯に浸かれば暖かいですから暖房はしません。

暖かいところから寒いところ、温度差の変化があると血圧に影響が出やすいとされます。健康のためにはよくないのです。そこでできるだけ温度差を作らないような仕組みにする必要があります。まずリビングは暖かくてもいいのですが、他の部屋をどうするかです。浴室の場合は脱衣所に簡易の暖房器具を置くといいとされます。服を脱ぐ時にかなりひんやりすることがありますがこれがよくありません。暖房を一時的に入れておき、お湯に入るときに消せばいいのです。

同様のことはトイレでもあります。トイレも日常的には暖房をしないところです。入っている時だけ使える暖房器具を置いておくといいでしょう。便座を暖かくしてもそれだけでは暖かくありません。足元などを暖めるものがいいでしょう。