健康のためにやるべきこと

外食でのカロリーの取り過ぎということでの健康管理などでの注意などのことをいくつか書いています。

健康のためにやるべきこと

外食と肥満と健康管理

健康のためにやるべきこと
外食が最近は非常に美味しくなり、サラリーマンなども昼食を安く外食で満足させられるので、とても経済的で助かるということになっています。昔は高くて食べられなかったものが、今では低価格でそれぞれの専門のチェーン店で食べることができます。それも24時間いつでも食べられるということもあります。そうなるとカロリーが高くなり、健康管理にも生活習慣病にも大きく影響してくるのではないかと思ってしまいます。特にメタボやダイエットでは、このカロリーの高い外食よりもできるだけ健康的な弁当とか、カロリーを計算した食事とかのことを考えて摂取すべきではないかと思います。要は栄養の取り過ぎを調節していけば良いのですから、自分の健康管理でのコントロールのシステムを構築するという感じです。

どのような理由をつけても体は正直です。栄養過多であれば体が同情してくれて、カロリーを抑えてくれるというわけではありません。数字の世界ということで1足す1は2以外ではないということになります。自分が取得したカロリーは、そのような自然の法則からの足し算で増えていくということになります。そのようにあくまで自分の健康管理では自分のためにシビアに見るということが大切ではないかと思います。特に中高年は注意すべきでしょう。

■注目の情報