健康のためにやるべきこと

米国の貧困とジャンクフードの健康問題と日本での外食のジャンクフード化ということなどを書いています。

健康のためにやるべきこと

ジャンクフードと健康管理

健康のためにやるべきこと
健康管理では日本でも肥満の問題がメタボやダイエットでよく話題になり、健康管理では常に考えなければならない問題ですが、米国ではジャンクフードが問題になっていて、トウモロコシや甘味料が大量生産されるので、低価格でジャンクフードが食べられるようになりました。そうなると低収入の貧困層がジャンクフードを常食にせざるを得ず、肥満が増えていくということで、昔は貧しさはそのままやせ衰えた姿でしたが、今ではジャンクフードのおかげて、肥満の人たちが先進国では貧しさの象徴ということになっています。またそれは日本に関係ないかというと米国のような状態ではなく、日本式の健康に害がある状態になっているのではないかと思います。

例えばサラリーマンなどが、カロリーの高い食事を安く食べることができるということは、ハンバーガーだけということではなくて、すべての外食がジャンクフード化しているということでもあります。そのように日本の場合はジャンクフードの種類がたくさんあるということではないかとも思えます。そのほうがあるいは問題が根深いかもしれません。そのようにあまりにカロリーがあふれている食品ばかりということが健康管理では非常に問題ではないかと思います。