健康のためにやるべきこと

年齢を重ねると部分入れ歯をしている方が多いですが、口腔内の健康を守ることが生活習慣病の予防になります。

健康のためにやるべきこと

歯の健康を守って生活習慣病を予防しましょう。

健康のためにやるべきこと
40代や50代と年齢を重ねると、心臓病や高血圧、脳梗塞などの病気に罹るリスクが高まります。30代半ばを過ぎると歯周病や虫歯が原因で、ブリッジにしたり、部分入れ歯をしている人が増えてきます。口腔内の清潔を守ることで、生活習慣病に罹るリスクを減らすことができるので、定期的に歯科医院で診察を受けることが大切です。歯科医院では歯科衛生士が歯茎の検査を行ったり、歯石除去などを行ってもらうことができます。虫歯や歯周病を早期発見して、早期治療をしておくことで、口腔内の状態を良好に保つことが出来ます。正しいブラッシングの方法を指導してもらいましょう。

歯間ブラシやデンタルフロスなどを使うことで、歯と歯の間の汚れを落とすことができるので、歯磨きをした後は使用するようにして下さい。糖尿病や心臓病などの持病のある方は、歯周病や虫歯が悪化しやすいので、気をつけるようにして下さい。最近は80歳まで20本の歯を残すことを推奨している歯科医院が増えています。歯の健康を守ることで、しっかりと食べ物が咀嚼できるので、よく噛むことで認知症などの病気を予防することができます。糖尿病などの持病のある方は、甘いジュース類やお菓子類などの間食を控えるようにしたり、丁寧な歯磨きを心掛けましょう。

■注目の情報