健康のためにやるべきこと

メタボリックシンドロームは健康に良くないとされていますが、どのような病気なのでしょうか見ていきましょう。

健康のためにやるべきこと

健康に良くないメタボリックシンドローム

健康のためにやるべきこと
健康に良くない病気として一般的に言われているのがメタボリックシンドロームになりますが、このメタボリックシンドロームとはどのような病気なのでしょうか見ていきましょう。良く太っている方のことをメタボと呼んでいて、多くの方は内臓に脂肪が多いことをメタボリックシンドロームだと考えていますが、これは間違いとなります。メタボリックシンドロームとは症候群のことですので、複数の症状が重なっている状態のこと呼びます。

メタボリックシンドロームとは内臓型脂肪に加えて、高血圧、高脂血症、高糖尿の3つの内2つを併発している状態のことをメタボリックシンドロームと呼びます。ではなぜ太っているだけでメタボと呼ばれてしまうのかと言いますと、内臓脂肪が多い方のほとんどが、高血圧や糖尿病、高脂血症を併発しているからになります。ではなぜ健康を害す恐れがあるのか見ていきましょう。高血圧や高脂血症、糖尿病などは様々な病気を引き起こす危険因子となります。この危険因子は多ければ多いほど、危険度は上昇していきます。例えばひとつ持っていた場合には、何もない人と比べると5.1倍になり、3個から4個持っていた場合には35.8倍にも及びます。メタボリックシンドロームを発症していると心疾患や脳疾患などの病気のリスクが跳ね上がってしまいますので、改善するように心掛けてください。

■注目の情報