健康のためにやるべきこと

健康には運動も重要な要素を占めていますので、どのような運動を行えばよいのかをお伝えしていきます。

健康のためにやるべきこと

運動を行い健康になる

健康のためにやるべきこと
まず運動を行うことでどのような健康効果があるのでしょうか見ていきましょう。初めに運動をした方が良いからといって激しい運動を行うと体に負担がかかりますし、激しすぎる運動は動脈硬化などの老化現象を進行させることも分かってしますので注意してください。健康に良いとされている運動は30分から1時間程度、軽めの運動をすることとなります。例えばウォーキングやジョギング、エアロビクスなどが軽めの運動になります。これらの運動のことを有酸素運動と呼び、呼吸を止めることなく行いますので、体の隅々まで酸素が行き渡り、健康的な体作りを促すことができます。

またウォーキングやジョギングなどはふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。ふくらはぎは心臓から遠い部分にありますので、心臓から送られてきた血液を再び心臓に送り返す役割を担っています。このことから第二の心臓とも呼ばれており、高血圧の予防改善には、ふくらはぎを鍛えることが必要不可欠となります。ウォーキングやジョギングを行うことで、鍛えることができますので、高血圧でお悩みの方は行うようにしてください。そのほかにも善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことも分かっていますので、コレステロールが高い方にも良い効果をもたらしてくれます。

■注目の情報