健康のためにやるべきこと

高齢になっても健康長寿を保ち、元気でいたければタバコは止めるべきです。何歳から禁煙を始めても遅くありません。

健康のためにやるべきこと

健康長寿を保ちたければ禁煙を

健康のためにやるべきこと
値段が上がったこともあってか、だんだんと喫煙者の数は減少しています。百害あって一利無しと言われるものの代表格のタバコですが、タバコの害にはどんなものがあるかと言うと、真っ先に浮かぶのは肺がんや肺気腫などの肺の病気です。しかし、これ以外にも、タバコは全身の様々な疾患の原因になり得るものなのです。さらに、ある生命保険会社が行った調査によると、喫煙者はタバコを吸わない人に比べて、朝食を食べなかったり野菜や大豆製品の摂取量が少ない、食べるべき食品の数も少ないと言った問題を抱えていることが多いらしいのです、これでは健康になれるわけがありません。

その昔、タバコを吸っている人はアルツハイマー病になりにくいと話題になったことがあります。喫煙はアルツハイマー病を予防してくれるとも言われていました。これを救いとして喫煙を続けている人もいるかと思いますが、現在ではこれは完全に否定されています。高齢になっても健康長寿を保ち、元気でいたければタバコは止めるべきです。何歳から禁煙を始めても決して遅いと言うことはありません。ヘビースモーカーの人は、いきなりやめるとストレスになり、失敗しやすくなるのでだんだん減らしていきましょう。