健康のためにやるべきこと

健康的な便通を得るためには朝食を食べるのがいいとされます。適度な量を毎日習慣づけて食べます。

健康のためにやるべきこと

健康的な便通のために朝食をしっかり食べる

健康のためにやるべきこと
体から排泄するものとしては便と尿があります。頻度としては便は1日に1度ぐらいです。尿は水分摂取量によっても異なりますが5回から10回ぐらいでしょう。便のように1日1回ぐらいのことはありません。よく思いがちなのは前日に食べ物が便として出るのではないかとのことです。確かに出ることもありますが、食べたものが出るとは限りません。多くは体の中で不要になった細胞などになるそうです。ですから食事をしなくても便は出ます。

便をする時間としては朝に行うことが多いと言われます。しかしあまりでない人もいるようです。そういった人の多くが朝食をきちんと食べていないとされます。朝食に関しては、ただ口に入れるだけでなく、量もしっかりしていないといけません。そうすると腸にしっかりと働きかけます。口で咀嚼をしたり、食堂を通り胃で消化したりします。それらの動きに連動して便も排出しようとするのです。食べないとそれが上手く働かないとされます。

健康のことを考えるのであれば、毎日一定量の朝食を食べて、腸をしっかりと活動するようにしてあげます。毎日習慣化するには朝寝坊などをしてはいけません。早めに起きて、ゆっくり朝食を食べられるようにしておきます。

■注目の情報